Dive Into The World

話題のニュースの裏側を専門知識がない人にも分かりやすく。普通の人たちと専門家の繋いでいけるようなブログを目指します。

「空気読めない」は恐れなくて良い。空気の正体教えちゃる!(笑)

皆さん「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ということわざをご存知でしょうか? これは「幽霊だと思って恐がっていたが、落ち着いてよく見るとただの枯れたススキの穂だった」という話です。恐怖心や疑いの気持ちがあると、何でもないものまで恐ろしいものに見える…

日欧EPAをメリットとデメリットで比較する愚かさ

揉めに揉めたTPP11に引き続き、日本とヨーロッパ諸国の経済連携協定いわゆる「日欧EPA」が締結されましたね。 なんかネットとかメディアでも「チーズやワインが安く買えるようになる」ことが最大のメリットのように報道されていますが(笑)、みんなそんなにチ…

「値上げを拒否なら水は供給しない」。これが水道民営化の実態だ。

先日の投稿でもお伝えしたように、皆さんに水道を供給する水道事業の民営化を促進する法律が可決されました。 民営化というだけで何か良いことのように思われるかもしれませんが、とんでもない。 民営化するとどうなるかという実態を示す事件が起こっていま…

あなたは「どこにでも行ける誰か」と「ここにしかいないあなた」のどちらですか?

「勝ち組」と「負け組」 「金持ち」と「貧乏」 「保守的」と「進歩的」 などなど、世の中には色々な“分け方”があります。 その分け方には経済的なものだったり、社会的地位だったりといろんな指標で分けられるものですが、ちょっと興味深い”分け方“をご紹介…

「子どもが夢を観れる社会」を“無駄“だと切り捨てて良いのか?

ちょっと変な話から始まりますが、私はこの日本に暮らす人間の1人として、やはり子どもが明るい将来を夢観れるような社会であるべきだと思っています。 子どもが 「こんなロクでもない大人ばっかりの国にいたって仕方ないな〜」 と思う国よりも 「こんな凄い…

このままでは日本はあと5年以内にノーベル賞を獲れなくなる

皆さん既にご存知の通り京都大特別教授の本庶佑(ほんじょたすく)さん(76)がノーベル医学生理学賞を受賞しましたね! いやー、めでたいですね!めでたい! (↑本庶教授の研究ががん治療に具体的にどれほどの役に立つのか分かってませんけどね!(笑)) …

パリ暴動③。デモ炎上の火種はフランス国民の「群集心理」にある。

今年の冬はずっと暖かい日が続いていましたが、この週末は一気に冷え込みましたね〜。気温としてはそこまで低くないと思うのですが(例年並?)、身体が慣れていないせいかメチャクチャ寒い気がします。 この前とある気象予報士の方が仰っていたのですが、この…

移民受け入れの詳細は内閣と官僚が勝手に決定して良いことになった。

いよいよ師走ということで、お仕事も忙しくなってきた方も多いのではないでしょうか? 忘年会シーズンにも突入しますし、金曜日は毎週飲み会!なんていう方も多いのでは。 平日は仕事でバタバタ、金曜日は飲み会でバタバタ。そんな忙しい日々を送っているサラ…

パリ暴動の原因は「民主主義」を奪われたことへの怒りである。

既にご存知の方も多いかと思いますが、フランスは現在「黄色いベスト運動」というデモ運動・・・というか、もはや"暴動"ですが、これによって国内がえらい騒ぎになっています。 端緒となったのは燃料税の増税ですが、フランス政府は暴動が起きている事態を鎮…

水道民営化法案の真の目的。内閣で暗躍するフランスの多国籍企業。

私が日本に生まれて良かったな〜と思うことの一つ。 それは「水が美味い!」ということです。 日本では「水と空気はタダ」みたいなことを言われますが、海外に出かけてから日本に帰ってくると「蛇口をひねったら水が出る。そして飲める。」ということは、とん…

河村名古屋市長「IR誘致」がさらす無知。カジノ法案の闇。

皆さん、愛知県という県をご存知でしょうか? 「名古屋県」じゃないですよ! あるいは「トヨタ県」でもないです(笑)。 愛知県と言えば 年間交通死亡事故数: 全国一位 (15年連続首位!) 空き巣発生数: 全国一位 自動車盗難数: 全国4位 そして名古屋市と言えば、…

「パリ暴動の原因は燃料の高騰」はフランス人を馬鹿にしている

先日の投稿でも取り上げましたが、フランス全土で「黄色いベスト運動」と呼ばれるデモが広がっています。 記事によりますと パリの高級ブランド店や富裕層の邸宅が集まる地域で車の放火や店舗の略奪、家屋などの破壊行為が相次ぐ事態となり、首都の混乱とし…

選択肢が多い=消費者の幸福って本当? 消費者にとって本当に必要なのは選択肢の中身ではないか。

このブログで何回か書いていますが、私はドラムを演奏しています。もちろん趣味でね! ドラムというのは基本的にアメリカから入ってきた楽器ですが、「楽器メーカー」という意味では案外日本のメーカーが強くて、世界の三大メーカーと言えばその内の2つが日本…

自由のためなら「ルールを勝手に変えるのも自由」。それが自由の旗手マクロン大統領。

ここ数日世間を、いや世界を賑わせているカルロス・ゴーン氏の逮捕劇。 ゴーン氏が日産だけでなく、三菱自動車、フランスのルノーという企業連合の会長を務めているということで、フランスと日本の国際問題にも発展しかねない様相になってきています。 そん…

老舗食堂と技術革新のコラボレーション。生産性の向上こそが私達の生活を豊かにする。

5年間、従業員数に変化がないにも関わらず売上を4倍、利益率を10倍に膨らませている中小企業。 しかも、完全週休2日制。就労時間も午前9:00~午後5時45の残業なし。 特別休暇は最大15日で有給消化率も80%と、“超”が付く“ホワイト企業”ぶり。 もちろん平均給…

ラクダにテントを乗っ取られた男と移民拡大を進める日本政府の共通点

さて、今日は珍しく英語の問題から始めましょう!!(笑)。 The camel's nose under the tent. この言葉の意味がおわかりになりますでしょうか? Tentはキャンプとかで使う「テント」。Camelはラクダ。Noseは鼻。 という訳で、これは「テントの下のラクダの鼻」…

このまま行けば日本経済はパキスタンのレベルになるということを真剣に考えよう

今日は自分への反省も含めた投稿です。 普段日本経済の行く末を案じる投稿を行う私ですが、もしかしたらこれでもまだ真剣に未来のことを考えていなかったのではないかと思わせる言説に出会いましたので、それをご紹介します。 こんなに長文を引用してしまっ…

アメリカに訪れる不法移民は元々アメリカが生み出した「自由競争の犠牲者」だ。

昨日はフランスの各地で発生している「黄色いベスト運動」と呼ばれる暴動について取り上げました。 狙っている訳でもないのですが、今日はこちらです。 連日報道されているメキシコとアメリカの国境で騒動になっている移民問題。 中南米からアメリカを目指し…

日産・ルノーだけじゃない。パリも大炎上。フランスがいよいよ窮地に追い込まれている。

どこぞの自動車メーカーの不正会計によりフランスが急遽注目を集めていますね! そんなフランスの中心地と言えばパリ。パリと言えばパリジャン、パリジェンヌ! オシャレに興味がある人には正に聖地とも言える都市の一つですが、実は最近のパリは、特に凱旋門…

国民に忘れ去られた11月23日という"祭日"。

さてとうとう楽しい三連休が終わってしまい、また月曜日がやって来ましたね(@_@) この三連休どこかに出かけられましたか? 私は23日に金沢市の兼六園のパク…ではなくインスパイアされて作られた白鳥庭園という和風な庭園で紅葉狩りを楽しんできました。 いや…

NHKドラマ「まんぷく」で描かれる「国民の食を守る」という気概は既に失われた

私はあまり普段テレビを観ないので当然CMもあまり観ません。 ですが、その中でも私の好きなCMを出してくるメーカーのCMは時々観ます。何ならYoutubeで探して観ますww そのようなメーカーの一つが日清食品です。特にカップヌードルのCMが好きなんですよね。…

大阪万博が呼び込む、”万博後”の悪夢。これこそ将来世代へのツケである。

2025年に大阪で万博が開催されることが決定しました。事前の期待も高かったですし、決定して時には大阪の道頓堀では「大阪コール」(?)が巻き起こったそうですね。 ああ良かった、良かった。これで大阪経済も安定だ! …となるのでしょうかね、本当に。 大阪万…

日本借金とやらの半分は既に返済済みという事実。

CNNニュースの報道によると、日本銀行の総資産が約553兆6000億円に上った模様。 国内総生産(GDP)を上回る規模となったようです。 すごいですね。553兆円ですよ。 GDPを超えるということは、日本人全員が一所懸命働いて稼ぎ出したお金の全額より…

「USB知らない」大臣と「パソコン使わない」トランプ大統領の違い

オリンピック担当大臣でありながら、それを遥かに上回るインパクトを世間に残してしまった、”USB大臣”こと桜田五輪担当相。 USBを知らないことに加えてパソコンを自分で扱わないということで、世界的にも(?)有名になってしまったようです。イギリスのガーデ…

日本人全員に読んで欲しい。堤未果氏の本「日本が売られる」の内容が超絶ブラック過ぎる。

「どうも、僕です。」 このネタが分かる人は私と同世代ですね。多分(笑)。分かるかな〜〜? この導入は昔テレビでやっていた「銭形金太郎」というバラエティー番組で、くりぃーむしちゅーの有田哲平がレポーターを務める時に使っていた"入り”です。 この番組…

米中の新冷戦。金と話し合いで解決する段階は終わったことに気付かない鈍感大国ニッポン。

さて皆さん「灰色の戦争」という言葉をご存知でしょうか。 これは現在のアメリカと中国のインド太平洋地域における覇権争いの状況を指して、アメリカ海軍のお偉方が表現した言葉です。 その意味とは「本格戦闘に至る前の段階における灰色戦争」であるという…

消費税とは輸出企業のための補助金であるという事実

なぜ消費税が増税されるのか? その理由は一般的には増大する社会保障費を補うためということになっています。 ですが、それが 輸出企業への補助金として活用するため だと聞いたらどうしますか? 今回はそんなちょっと恐ろしい話をしたいと思います。 輸出向…

「CNN vs トランプ」に見るアメリカジャーナリズムと、"記者クラブ"というぬるま湯に浸かる日本メディア

何かとお騒がせネタの豊富なトランプ大統領ですが、今度はCNNとぶつかってるようです。もはや注目を集めるための炎上商法じゃないかと思えてくるほどですが・・・(笑)。 テレビでも結構報道されているので動画をご覧になった方も多いと思いますが、アメリカC…

数字は嘘をつかないが、数字に意味を持たせるのは人間の価値観である

突然ですがみなさん、「飼い犬に手を噛まれる」という言葉をご存知でしょうか? 有名な言葉ではありますが、一応ことわざ辞典によりますと 飼い犬に手を噛まれるとは、日頃からかわいがり面倒をみてきた者からひどく裏切られたり、害を受けたりすること。 と…

内閣公認!? お天気で経済が変わる国ニッポン!

いやーもう笑うしかないですわ。マジで。 何がってこれですよ! (笑) 内閣府が14日発表した7─9月期国内総生産(GDP)は季節調整済み年率マイナス1.2%になったのですが、それに対する内閣府の分析というか言い訳が 個人消費は前期比マイナス0.1%と…